SNSで成功?新築物件の宣伝のカギとは

課題・目的

賃貸物件を探す時、今やインターネットは欠かせないツールとなっています。
特にこれから初めて一人暮らしをする若い人は、まず最初にネットで検索をしてからSNSなどの口コミを参考にすることでしょう。
そこでこれから賃貸経営をするという場合には、インターネットを使った宣伝をすることが必須になってくるのです。

実際に成功をした事例として、積極的にSNSを使ったという方法があります。
これは主に大学生を対象にした単身者向けのアパートの事例ですが、SNSで積極的に情報を発信することによりまず物件に興味を持ってもらい、そこから問い合わせを多く受けることができたということでした。

インターネットを使った物件探しということでは、仲介を依頼する不動産会社を通してのデータベース掲載があるのですが、そうした検索での露出だけでは自己所有の物件をうまくアピールすることができません。
そこでオーナーが積極的にSNSで物件の良さをアピールしていくことにより、これから家を探そうとする人に親近感を持ってもらい、そこから成約にいたる確立を上げることができます。

施策

ここ近年の若い世代の特徴として「個性を重視する」ということがあります。
また、不動産物件そのものが数多く建築されていることから、他の物件とは異なる何らかの特徴がないとなかなか優良な入居者を募ることができません。

SNSを使って広告をするといっても、ただ通り一遍の特徴だけを宣伝しているだけでは気を引くことが難しいので、外観や室内の特徴などアピールポイントを積極的に発信していくことが大切になるでしょう。
オーナー自身もSNSを活用して多くのフォロワーを獲得していれば、それだけたくさんの人の目に触れることができるようになるので、積極的に活用をしていくことが重要です。

アピールするポイントとしては、駅からの距離や物件の間取りといった基本情報だけでなく、セキュリティ面やどういった人におすすめかというようなことを細かく伝えることです。
また、周辺にあるお店の情報など役立つ情報を発信していくことにより、よりその土地や建物を身近に感じてもらいやすくなります。

ポイント

最近では地方の名物を不動産業者で積極的にSNSを活用するということもあるようですが、そちらも基本的には同じく物件について親近感を持ってもらうということが目的です。

オーナーとして不動産物件を運営するときには、入居者との信頼関係も非常に重要になってきます。
また、SNSは一方的な情報提供だけではなく、これから入居を考えている人たちからの質問を受け付けることもできるので、より「住む人の目線に立った家造り」をしていくときの参考になるでしょう。