女性専用マンション

女性専用

人気の女性専用アパート

女性専用、女子学生専用のアパート経営も根強い人気のある不動産投資です。
近年、住まいへのニーズは年代層や家族構成、ライフスタイルなどによって多様化しています。
ターゲットを絞って、よりニーズに合ったサービスや設備を提供することで、高い付加価値が生まれます。

女性専用マンションも、入居者を女性だけに制限することで付加価値が高まり、他の賃貸マンションより家賃を高めに設定しても入居ニーズが衰えません。
特に働く女性の単身世帯が増加していますから、今後もニーズは高まると予測されます。

入居者が女性であるため、メリットが大きいのが女性専用マンションの魅力です。
まず女性が使うので喫煙率が低く、部屋がきれいに保たれること。
ゴミの分別などのルールをきちんと守ってくれますから、男性の入居者に比べトラブルや隣近所からの苦情が少ないのもメリットです。
さらに女性の場合は、家賃を滞納する人が少ないので安心です。

女性専用のマンションで成功する方法

女性専用のマンションで成功するためには、女性に住みたい!と強く思ってもらえるための設備や、インテリアにこだわることです。

(参考サイト)
一人暮らしに関する調査|【楽天リサーチ】

設備では優れたセキュリティ性能が何よりも求められます。
女性が安心して暮らせるようにオートロックは常識です。
このほか室内の非常ベル、不在であることや、帰宅したことを外部から悟られないための留守番タイマー機能付きの照明、人が近づいたら点灯するセンサーをベランダに取り付けるなど、さまざまな防犯設備を備え、万全の対策とっている女性専用マンションに人気が集まっています。

またインテリアへのこだわりも、大きなポイントとなります。
だからといって、乙女チックなインテリアにする必要はなく、明るくシンプルで清潔なインテリアであれば十分に好感度が上がります。

女性の賃貸マンション利用者への調査では、ロマンチックなインテリアよりも、洗面台や調理台などの設備が充実しているほうが何倍も魅力的との声が多く上がっています。

女性のニーズやトレンドをよくリサーチして、ニーズに合った設備を提供すれば、一般の家賃より1割増しでも十分な人気が確保できるのです。

楽天リサーチの調査によると、一人暮らしの女性が部屋を選ぶときに決め手となった理由として最も多かったのが駅から近いこと。
42.5%と半数近くの人が、駅から近い物件を求めています。
次いで多かったのが学校や職場に近いことで、36.0%でした。
さらに、女性の2割がオートロックなどの設備が整っていることを重視しており、駅からの近さとオートロックといったセキュリティ面を部屋選びのチェックポイントにしている人が多いことかわかります。