タウンハウス

タウンハウス

安定した収益

タウンハウスというのは一戸建て風の共同住宅のことです。
タウンという名称の影響で、人によっては大型の住居を想像されたりしますが、コミュニティスペースを設けているという点で特徴のハウス・・・と理解してください。

コミュニティスペースというのは、大勢の人で共同で使えるようになっているスペースのことです。
つまり、タウンハウスに住んでいる人で集まって利用できるようにもなっているスペースのことで、近年ではこのようなタイプの物件も売れるようになりました。
今までは一戸建てに固執する人が多かったため、このようなタイプの物件は売れるようで売れていなかったのです。

その理由として、住みづらい、他の同居者と一緒に生活するのが嫌・・・という理由がありました。
要するに一戸建てに住みたく、プライバシーはしっかりと守られている方が良いと考えている人のほうが多い時代だったのです。
しかし、近年ではコミュニティそのものが不足しています。
生活でも、ほとんど人と話さないという人がいるため、コミュニケーションの取り方すら分からないという人もいるのです。

タウンハウスの場合、このようなコミュニケーション上の問題も解決しやすいということで、近年では人気が上がっています。
例えば、タウンハウスに住む人というのは気の合う人たちという相場がありますので、先にタウンハウスを確認してから住む人が増えています。
次に交流を目的としてタウンハウスに住む人も多くなってきました。
先ほどのコミュニケーション不足を解消したいと思っている人が、今の時代では目立つようにもなってきたのです。

昔は特定の個人で問題になっていると思われていましたが、現代では現代病と認識されるようになったのです。
そのため、そのような人たちがこぞって利用する施設として、タウンハウスは人気になりました。
賃貸経営の場合、このような面で光る物件ほど利益率も高いということで、オーナーからも注目されている物件となっています。

広いほど人気

タウンハウスはあまり狭いものを購入しないようにしましょう。
というのも、人気にあやかってタウンハウスを建てる不動産会社が増えているからです。

しかし、実際に狭いスペースしか存在しないタウンハウスでは、気持ち的にも鬱屈してしまうものがあります。
そのため、入居者についても安定しないというデータがありますので、なるべく広いスペースを共有スペースとして割り当てているタウンハウスを選択しましょう。
オーナーは好きな物件でオーナーとして営業を行えるようになっているので、ハズレ物件を引かされないように注意するのも大事です。
ハズレ物件ほど利益率があるように謳っている点も注意しましょう。