テラスハウス

テラスハウス

注目の賃貸物件

テラスハウスは壁を共有するハウスとして理解すると、簡単に理解すること出来る物件です。
というのも、長屋とそれほど違いはないからです。

一戸建てを購入するわけではないので、多くの人がテラスハウスであれば余裕をもって生活できる・・・ということで、一戸建ての購入を予定している人も住んでいる物件です。
長屋というと使いづらいイメージもありますが、近年では広々としてスペースで生活できるように工夫されている点も見逃せません。
昔のテラスハウスは、全体的に日当り良好ではない物件が目立っていました。
そのため、今でもテラスハウスというと日当り良好ではない物件という点で、住みたくはないと思っている人がいます。

ですが、近年になって省スペースで住居を建てられるようになったため、日当たりについても計算して家を建てられるようになったのです。
そのため、近年ではテラスハウスが注目されるようになりました。

テラスハウスの良いところは、日当たりだけでなく駐車場といった自分専用のスペースにも余裕がある点です。
一般的なマンションやアパートの場合、基本的に駐車場スペースはそれほど広くありません。
ギリギリ車を停められるようなスペースが開放されているだけです。
しかし、テラスハウスは一戸建てに近い形で販売を行っていますので、駐車場スペースにはかなりの余裕があります。

人によっては、結婚されてから妻も自動車に乗るようになった・・・という人もおられるでしょう。
しかし、その度に新しい駐車場を確保するというのは大変です。
都会の場合、100m以内に駐車場がまったく見つからず、そのために立体駐車場を利用されている人も増えているのです。
テラスハウスの場合、駐車場スペースが2台以上を最初から割り当てていることも多いので、複数人でも余裕をもって住める住居を探しているという場合は、テラスハウスを選択したほうが良いかも知れません。

防音対策を確認

テラスハウスにはメリットが多くありますが、あまり売れていないテラスハウスには問題点もあります。

それは防音対策です。
防音対策というと軽く考えている人も多くいるのですが、近年では精神病をわずらってしまうケースも増えているので、テラスハウスであっても安易に考えないほうが良いです。
テラスハウスの防音対策については、新しく建てられている物件ほど標準装備になっている・・・と思って良いです。

逆に古い物件なのに、なぜか防音対策がしっかりしているテラスハウスがあった場合、安易にオーナーにならないほうが良いでしょう。
中途半端な防音対策、もしくは防音対策として古い規制に則って対策がされている・・・ということが多く、防音対策をさらに進める際はオーナーの実費となることが多いのです。