戸建て賃貸

戸建て賃貸

将来性の高さが魅力の戸建て賃貸

不動産の賃貸経営にはアパート経営からガレージ、マンション経営まで、さまざまな方法がありますが、戸建住宅を賃貸する経営法が将来性の高さで注目されています。

昭和の高度成長期では、会社が社員を終身雇用するのが当たり前でしたが、現在は雇用形態が様変わりし、会社の業績次第ではいつリストラにあうかわからない先行きが不透明な時代となりました。

このような状況を背景に、一戸建てのマイホームを購入しようとする意欲が減っており、一生賃貸暮らしでも構わないと考える若者層が増えています。
一人暮らしのときは賃貸マンションでも不自由しないでしょうが、家庭を持って子どもが生まれると、手狭な賃貸マンションではなく、やはり一戸建ての住宅で暮らしたいと考えが変わってくるものです。

このため、一戸建ての賃貸需要は非常に高くなっています。
さらに近年クローズアップされているのが、都内など都市部の空き家問題です。
高齢化が進み、空き家となって放置されている家を、若い世代に賃貸する流れが政府や自治体で進められています。
これらの社会情勢から見ても、一戸建ての賃貸需要は今後ますます高まるものと予測されます。

戸建賃貸のメリット

戸建住宅を賃貸するメリットはたくさんあります。
まず、何と言っても少ない投資金額で始められることです。
アパートを1棟を購入して維持していくのはかなりの費用がかかりますが、戸建住宅ならそこまで資金をかなくても十分に運営できます。
敷地が狭くても、いびつな形であっても、賃貸住宅なら土地を効率よく利用できるので、マンション経営に向かない土地でも、戸建住宅にすることで収益アップ期待できるというメリットもあるのです。

戸建住宅の賃貸物件はまだまだ少なく、需要が多いため、すぐに入居者が決まるのも魅力です。
多少立地条件が多少悪くても、一戸建ての場合は人気が下がることも少ないので有利です。

戸建住宅のターゲットは小さいお子さんのいるファミリー世帯です。
独身者がターゲットのワンルームマンションは入居者の入れ替わりの激しいのですが、戸建てでファミリー層が利用する場合は何年も入居しますので、長期的に安定した収益が期待できます。

また万が一不動産を手放す場合でも、アパート一棟を売り出すより、戸建住宅を売り出すほうが、買い手が早く決まりますし、中古住宅として高値で売りやすいのため、投資リスクも減らせます。

戸建賃貸のデメリット

戸建住宅の賃貸経営でリスクがあるとすれば、入居者が退去すると即座に収入がストップすることです。
入居者が1世帯しかいないので、空き室を抱えるリスクが高くなります。
退去がわかった時点で早めに入居者の募集をかけて、空き室期間を減らす努力をしなければいけません。