デザイナーズマンション

デザイナーズマンション

デザイナーズマンションとは

建築家が設計したカッコイイマンション、それがデザイナーズマンションです。
入居者ニーズに合わせて、デザイナーが独自のコンセプトを盛り込んだ物件で、賃貸でありながら優れた機能性とデザイン性を有するのが特徴となっています。

一般の賃貸物件はどの物件も同じような間取りで、個性がありません。
それを物足りなく思う入居者は多く、個性的なデザイナーズマンションは、非常な人気を集めています。

デザイナーズマンションのメリット

デザイナーズマンションの最大のメリットは、何と言っても人気の高い物件であること。
高い稼働率が期待できます。
一般の賃貸物件は、少しでも営業効率を上げるための間取りとなっていますから、画一的で個性がありません。

しかしコンセプチュアルなデザイナーズマンションは、優れたデザイン性で若者からの人気が高く、競争率の高い賃貸物件として、投資のしがいがある物件です。
このため中古物件でも魅力的なものが多いので、新築物件とも十分に競合できる力を備えています。

アパート・マンションの賃貸経営では、空き室率を下げる努力が大切ですが、デザイナーズマンションなら、これといった努力をしなくても空室率の低下に貢献してくれます。

デザイナーズマンションのデメリット

デザイナーズマンションの賃貸経営でのデメリットは、購入コストがかさむことです。
新築する場合は建築家に設計を依頼しなければいけませんから、一般の賃貸物件に比べてコストが大幅に増えます。

建築家は想定される入居者が住みやすいように、十分にマーケティングを行った上手で設計をするとはいうものの、オーナーが建築家のコンセプトを十分に理解できなければ、その設計の良さがわからず、納得の行かない部屋が出来上がる可能性もあります。
高いお金を書けて建築するのですから、建築家とのコミュニケーションを密にして、お互いの希望をすり合わせるなどの努力が必要です。

また、中古物件でも、デザイナーズマンションは人気が高いですから、購入価格が高いのが一般的です。
投資額が大きいので、思うように利回りが上がらないというケースも想定されます。

気に入った物件の人気が高くて早く決めなければ他の人に取られてしまうと焦る場合も多いのですが、よく考えずに購入すると、後で後悔することになりかねません。
ローンの返済や売却費などを含めた資産価値をしっかりと調べて、自分の経済状況と考えあわせた上で慎重に購入しましょう。

住居やライフスタイルに対するニーズは年々多様化しており、今後は画一的な賃貸物件よりも、個性的な物件で差別化を図り競争力を上げてくるオーナーが増えてくると予測されます。
予算をしっかりと考えて、魅力的なデザイナーズマンションを手に入れましょう。