不動産戦略アドバイザー

不動産戦略を支援する資格「不動産戦略アドバイザー」

不動産戦略アドバイザーは、NPO法人日本不動産カウンセラー協会が平成20年に発足した資格認定制度で、企業、自治体などにおいて不動産担当の経営層や、担当者、その他、外部からサービス提供する企業等で専門知識をもって不動産経営戦略を推進、支援する資格です。

この認定を受けるためには、WEB研修の受講、17科目を受けて、東京開催の集合研修に1日参加、その後、レポートを提出し審査を受ける必要があります。
資格認定を受けた人を対象に毎年、継続研修やケース・ステディ研修なども行っています。

どのような仕事を行うのか?

この不動産戦略に関しては、国際財務報告基準などによって時価会計化、内部統制の教化等不動産に関して企業関係が大きく変わってきていると指摘されており、自治体が運営する場合に、公的不動産の整理や統などの有効活用を行うことが求められています。

組織内部、外部で不動産戦略のプロが必要とされていることからこの資格が作られました。
中小企業などにおいては、事業継承、起業再生などの場面で不動産戦略を考える必要も出てきているので、ここに不動産戦略アドバイザーの専門的知識が役立ちます。

組織の中では企業の経営戦略、所有している不動産について本当に必要なのか、またこれから購入する不動産について無理な買い物とならないかどうかなど、調査、検討を行います。
不動産の売買、賃貸借やファイナンスなどについても力を発揮し、これから保有する不動産については、効率よく管理していくことや、顧客が満足して暮らせるように、運営を考えるなどが不動産戦略アドバイザーの仕事になります。

外部では不動産についてのデータベースの作成や、保有不動産が経営の中で整合性があるかどうかの角に、さらに経営レベルの目で売買や賃貸借などを考えます。
有効活用する方法、効率よく動かず方法などを外部の客観的な目で、不動産に関する専門的知識を使いながらアドバイスなど行っていく仕事です。

不動産戦略アドバイザーはどんな職場で活躍できるのか

一般企業なら財務、管財、不動産などの部門でマネジメントなどを行うことができますし、中小企業においては、財務、公的部門担当者、不動産戦略アドバイザー横断管理運営の責任者として活躍できます。

外部では不動産カウンセラー、不動産鑑定士、弁護士などの専門業務の中で、不動産戦略について業務することができますし、問題などが起きた時に対応する役割として業務されている方も多いです。

この不動産戦略アドバイザーの資格を取得することによって、様々な分野で活躍できるようになります。
これから不動産戦略関係について業務をしたいということなら、この資格を取得しておくと有利です。