不動産証券化協会認定マスター

不動産と金融のプロといわれる不動産証券化協会認定マスターという資格

不動産証券に関して仕事を行うということは、不動産と金融ということについてしっかりと専門知識を保有していることが求められます。
この不動産証券に関して基礎知識と実務能力を持っているのが不動産証券化協会認定マスターです。

この資格を取得するためには、養成講座を受講し修了、実務経験を満たすことが必要です。
養成講座は修了試験に合格すること、またレポートの提出、スクーリングへの出席等修了要件を満たすことが必要です。

この講座によって不動産、金融、法律、税・会計制度などの幅広い知識を学ぶことができます。
不動産証券に関係する仕事に就きたいという人は、こうした資格を取得しておくことで、より活躍の場を広げることができると思います。

不動産証券化協会認定マスターとしてどのように働いているのか

不動産証券化に関する基礎知識、実務能力を持っているという証明になるこの不動産証券化協会認定マスターという資格を保有するということは、不動産証券化に関係する仕事ができるということです。

最近はCREマネジメントについて非常にその重要性が高くなっているということもあるので、一般事業でも経理や財務などでその知識を活かすことができます。

不動産証券化協会認定マスターは、不動産特定共同事業法の業務管理者として、国土交通大臣から登録を受けている資格です。
また国土交通省所管の不動産投資顧問業登録規定による総合不動産投資顧問業登録について、人的要件を満たすものです。

筋烏有商品取引法においては不動産関連特定投資運用業をみたす要件とされていますので、不動産証券に関して、不動産証券化に関して、専門的知識をもってアドバイスすることができますし、実務に活かすことができます。

不動産業界だけではない活躍の場

不動産証券化協会認定マスターというと、不動産業界で活きる資格なのか?と思う方も少なくないのですが、この資格は不動産だけで活躍するという資格ではなく、様々な職業の中で求められる資格となっています。

例えば不動産証券を扱う証券会社、銀行、法律事務所や監査法人等も職場としてあげることができますし、格付機関などでもこの資格者が活躍されています。

不動産に関してまた証券というものに関して、専門的な深い知識を持っている人なので、様々な分野で雇用があると思いますし、これからさらに雇用の場は広がっていくことが考えられます。
学習範囲が広く取得できるまでがかなりかかるともいわれていますが、不動産、金融業界で働く際に非常に有利になる資格なので、そうした業界で働きたいと希望がある方は、頑張って取得しておく方がいいでしょう。