土地活用プランナー

土地活用プランナーの試験とはどういう試験なのか?

最近不動産関連の資格について話を聞く機会が多くなりましたし、活躍されている資格者も非常に多くなっているとかんじます。
その不動産関係の資格の中に、土地活用プランナーという資格があります。

この資格は東京都の認可を受けている公益社団法人東京共同住宅協会が実施しているもので、対策講座なども行われています。

養成講座については、公益社団法人東京共同住宅協会発刊のテキストを利用するので、試験に必要な知識を比較的短期間でしっかり学ぶことができると多くの方が参加されています。

この資格試験を受けることで、土地活用に対して法務や税務、マーケティングなどの幅広い知識を得ることができます。

誰でも受けることができる試験「土地活用プランナー」

この土地活用プランナーの講座や試験は学歴などに関係なく誰でも受ける事の出来る資格試験で、この試験に合格すると土地活用プランナーという合格証書がおくられます。
この登録を行うためには、認定試験合格の後、不動産業や建築業、各種専門資格などによって2年以上の実務経験が必要となります。

実務経験がない状態でこの試験に合格した場合には、合格証書の発行があっても登録が出来ません。
合格証書は継続講習等がなく一度取得すると生涯有効なものとなりますので、合格してから2年以上の実務を積んだ後、登録される方も少なくありません。

土地活用プランナーとはどういう仕事を行うのか

土地というのは持っているだけでは意味がなく使い道を考えることが重要です。
土地の形状や立地などはその土地によって大きく違うので、土地によって適切に活用する方法を考えることが必要となってきます。

しかし土地を活用しそれを成功させるためには、マーケティングの知識や賃貸管理の知識、建築、税務など多数の専門知識が必要となります。
そういう知識を持っているという人ならいいのですが、持っていないという人の場合、土地活用を成功に導くということは難しい事です。

そんな時活躍するのが土地活用プランナーです。
土地活用の需要が大きく見直されている今こそ、土地活用プランナーとして専門知識を持って活躍することができます。

土地の環境や形状など確認し、その土地に最も適した活用方法を考えて持ち主の方に活用のアドバイスを行い、その手続きなどを進めていくのが土地活用プランナーです。

不動産、建築系など多くの職業で求められている資格

土地活用プランナーの資格者は、不動産業はもちろんのこと、建築業界やそのほか業種でも注目されている資格です。

資格を持っている方は、土地の活用について深い知識を持っている専門家という立場にあるので、こうした人材を得ることで土地を保有されている方が活用を考える時、また、活用してほしい土地について不動産業者が買取などを考える時、非常に役立つ資格となります。

不動産業界、建築系の業界、そのほかの業種でも求められる資格となっていますので、転職という事を考える際にも取得しておくと有利です。