立地を活かした成功事例

立地の有利性を考える

賃貸住宅への投資がブームになっている昨今ですが、安定的に収益を上げることができている物件はそれほど多くありません。
というのも同じように賃貸住宅を多く建築している人が増えたことにより、部屋あまりの状態が発生しており空き室リスクが高くなっているからです。

しかしそんな競争率が高い現在でも、安定的に収益を上げることができている物件もあります。

中でも非常に有利な条件となるのが「立地」です。
極端に言えば、立地に恵まれていれば多少古かったり設備が揃っていなかったりしても、入居者を見つけることはそれほど難しくないということにもなっています。

既に条件のよい土地を所有しているということであれば、そこで賃貸経営をするのは大変におすすめとなります。

施策

実際の賃貸経営の成功例として、古くから所有してきた土地と建物を改築する時に賃貸住宅にしたという事例があります。

古くから住宅用に使用してきた建物が老朽化により維持が難しくなったときに、思い切ってその土地を売却して他の場所に移住することが案として出ました。
しかし高齢者にとって急に住環境が変化するというのは心理面に大きなストレスになるので、できれば同じ土地で生活をしていきたいという希望もありました。
そこでそれまで住宅として使用してきた住宅を改築する際に、ただ住宅として作り変えるのではなく賃貸併用住宅とすることにしたのです。

賃貸併用住宅は都心部などの土地に十分余裕のない地域で増えている物件で、自宅としても利用をするということにより、税制やローンで優遇措置を受けられるメリットがあります。

居住する人にとってもオーナーが近くにいるというのは安心感のあるものなので、管理業を行うことにより収入をより安定的にすることも可能です。

成功のためのポイント

賃貸併用住宅は税制や補助金など優遇措置が複数あることから、非常に人気の高い住宅様式となっています。
しかし自宅が賃貸住宅の一部になっているということは、プライバシー面に配慮が必要になるなど構造的な問題が発生することもあります。

また、家族以外の人が居住するということにより騒音問題や汚損の問題も出てきますので、入居者を募る時にはきちんと規約を定めるとともに違反行為があった場合の対処方法を定めておくことも必要です。

小さな賃貸併用住宅で成功するためのポイントとしては、入居者を募集する時に女性限定や家族限定など特定の条件をつけるようにしておくと、のちのちトラブルが起こりにくくなります。
家賃回収のリスクを減らすために、支払い方法に第三者機関を入れるなどの工夫をしておくと、より便利です。

家賃収入は楽なことばかりではないので、まずは賃貸経営についてよく学んでみるとよいでしょう。