賃貸経営に成功する時

賃貸経営に成功する時

サラリーマンでも成功できる!不動産の賃貸経営

サラリーマンでも不労所得が得られるのが、アパートやマンションの賃貸経営です。
不動産を貸して賃貸収入を得るので景気の変動に影響を受けにくく、素人でも成功しやすい投資として人気が高まっています。
月々定期的に家賃収入が入ってきますから、将来リタイアした後の生活も安心です。

分譲マンションの賃貸、アパート一棟を購入してのアパート経営など、賃貸経営にはさまざまな方法があります。

賃貸経営で成功するための、ポイントを抑えておきましょう。

不動産の賃貸経営で成功するポイントとは

賃貸経営が成功しているかどうかを見分けるポイントは、主に2つです。
まず、収益がどれくらいあるかを示す利回りが高いこと。
そして、空き室を少なくして、部屋の稼働率を上げることです。

利回りとは家賃などの収入と、購入費や維持費などの支出の割合を示すものです。
一年間の収入の合計を物件の購入費で割った表面利回り、収入から税金や保険料、維持管理費、管理会社への外注費などの経費を差し引いた上で、購入費で割った実質利回り、一年間を通じて満室だった場合の年間の収入を購入費で割った想定利回りの3種類があります。

想定利回りは部屋の稼働率が100%となる、理想の数値です。
しかし現実には、一年を通じて空き室が全くなく100%の稼働率を維持することは難しいので、目標として95%以上の稼働率を目指します。
表面利回りは、おおよその収益力がわかる目安の数値です。
より現実的なのが
家賃などの年間の収入-支出÷物件購入費×100
で割り出される実質利回りです。
アパート購入情報などで、利回り20%などと宣伝されている物件がありますが、利回りの目安は単純利回りで10%前後です。
15%以上が理想ですが、なかなかいい物件は出回りません。
家賃収入で税金や経費の支払いと、ローンの返済をしてもなお収益があるいるという状態でなければ、賃貸経営が成功しているとは言えないのです。

好立地で利用者ニーズを満たす物件を探そう

しかし、利回りだけにこだわるのでは不十分です。
不動産の評価は常に変動しています。
また、物件の築年数が古くなるほど評価が下がりますし、修繕費や維持管理費などの経費も増えていきます。
利回りが大きくても空き室が多ければ、収益は下がります。

空室率を低く抑えるためのポイントは立地です。
一人暮らしのビジネスマンや女子大生など、誰に貸すのかというターゲットを明確にし、利用者が望む立地の物件を購入します。
ビジネスマンなら都心へのアクセスが良好で駅から近い物件、女子大生なら学校への通学が楽で、さらに若者に人気の町に出かけやすい場所など、借り手に需要のある立地条件に合った物件を選びましょう。
入居者ニーズをよく調べて、入居者を満足させる物件を提供すれば、入居率が上がります。