重要な空き室対策

インターネットが特に重要

賃貸経営を始めたら、空き室を出さない工夫をしなければなりません。
収益を伸ばすための必須の条件が空き室対策です。
オーナーは空き室を出さないようにありとあらゆる手だてを取るようにしましょう。
その努力を怠っていると、いつまでたっても賃貸経営を軌道に乗せることができません。

まず不動産会社や管理会社との関係が重要になります。
入居者の希望や不満を的確に把握している会社を選べましょう。
広告に強いことも大切です。
空き室が出たら、不動産会社や管理会社に依頼して次の借り手を探さなければなりません。
インターネットや不動産業者間ネットワーク、賃貸情報誌になどいろいろなところにつながりを持った会社が好ましいです。
最近の人はネットを使って賃貸を探すので、インターネットが特に重要です。
およそ22%の人がネットを使って賃貸を探します。

入居者の要望に耳を傾けることも空き室対策になります。
定期的に入居者のところをまわって、困っていることや取り付けてほしい設備を聞いてみましょう。
新しい設備を取り付けると、コストがかかる可能性もあります。
しかし、設備を充実させると今の入居者に喜ばれます。
住んでもらう期間も長くなるでしょう。
手間とコストがかかる対策ですが、立派な空き室対策になります。

物件の印象

賃貸経営では1階部分が大切だと言われます。
日当たりが悪い、防犯上住みたくない、外部から部屋を見られるといった理由で、賃貸の1階は敬遠されがちです。
しかし、この階に空き室を作らないようにすれば物件の印象が良くなることは確かです。
1階部分を借りてもらう方法はいろいろあります。
一番わかりやすいのは家賃を少し下げることです。
1階部分だけペット可にしても良いかもしれません。
植え込みや大型の植物を置く方法もあります。
外部の視線が届きにくくなりますし、建物自体の印象が良くなります。

現場にマメに足を運ぶことも空き室対策の一つです。
先ほど述べたように入居者の要望を聞いたり、建物の状態を詳しくチェックします。
外壁の状態や通路の状態を一つ一つ調べましょう。
特に手すりの状態には注意しましょう。
手すりがもろくなっていたら、事故が発生する可能性があります。
建物やまわりの掃除も大切です。
まわりの道路が汚れていたら、きちんと掃除します。
建物の中も、階段などにごみが捨ててあることがあります。
玄関は建物の顔になるので、特にきれいにしてください。
最低でも1ヶ月に1階は現場に足を運びましょう。