ペットの問題

ペット可

空き室対策にも

賃貸経営をするうえで、ペットのことは避けて通れません。
犬や猫などのペットを飼う人は年々増えています。
癒しの効果があるのでペットに対する関心も高まっています。
特にペットは1人暮らしの方の良きパートナーと言えるでしょう。
ペット可の物件にすれば入居者の増加が見込めるのですが、トラブルも起こる可能性があるのでためらいを感じる大家さんもいます。
他の物件で断られた入居者を取りこめるというのはペット可にする大きなメリットです。
さらにそういった人たちが長期に渡って入居してくれれば、安定した賃貸経営を続けることができます。
ペット可物件にしたら空き室対策にもなるでしょう。

ペット可にしたときのデメリットもあります。
動物が嫌いな入居者がペットを嫌がる可能性があります。
ひどい場合には他の物件に引っ越すかもしれません。
鳴き声や臭いなどの問題が発生する可能性があります。
部屋や建物が傷んで、原状回復の費用が必要になることもあります。
特に新築の物件の場合は、ペット可にすることをためらう大家さんが多いです。
新品の物件がダメージを受けるのを避けたいと思われるからでしょう。

人気が出る可能性が高い

ペット可のメリットとデメリットを秤にかけると、メリットの方が大きいと言えるでしょう。
なんといっても入居者が増えるというのが大きいです。
ペット可の物件は増えていますがペット不可の物件もまだ多く、ペットを飼っている人は困っているという状態が続いています。
ペット可にすれば、入居者が見つからないという賃貸経営の一番の問題を解決できるのです。
ペット可にするときにはまわりの物件のことをよく調査することが大切です。
まわりにペット可の物件が少なければ、ペット可にすると人気が出る可能性が高く、賃貸経営にプラスになるでしょう。
ペット可の物件が多ければ他の物件との差別化ができないので、やめたほうが良いかもしれません。

ペット可の物件にするときには、契約時に入居者ときちんとした契約を取り交わすことが重要になります。
ペットが物件を傷めることをあらかじめ想定して、家賃や礼金を少し高めにしても良いでしょう。
他の入居者に、ペットのことで迷惑をかけないようにするという誓約を書いてもらいましょう
それから飼えるペットの種類もはっきりさせておく必要があります。
猫や犬は可でも蛇や鰐などといった爬虫類は苦手な人が多いので、禁止にした方が良いかもしれません。
ペットに関する約束を守れない時には退去してもらうことを契約の条件にしましょう。