人気のある賃貸物件の特徴とは

エリアに人気があるかどうか

エリアに人気があるかどうか

人気のある賃貸物件というのは、基本的にエリア単位で人気となっているかどうかが重要となりますので、エリア単位で不人気な土地では人気のある賃貸物件は無いと判断できます。

参考:空室対策=入居者目線

例えば、最寄りに生活に必要な施設があるようであれば、その時点で人気のある賃貸物件であると判断できるのです。
若い人であれば、駅、コンビニなどが最重要となるでしょう。
このような物件は人気があるため、マンションやアパートが近隣に多く存在することも確認できます。
逆にこのような条件を満たしているのに、空室率が目立つようであれば契約を後回しにしたほうが良いでしょう。

というのも、今では寂れてしまっている可能性があるからです。
先ほどの駅の場合、新しい駅がすぐ近くにできてしまった、もしくはコンビニが移転を予定している・・・というケースでは、新しいエリアのほうが人気と判断します。
今の時代、すぐに新しい情報を発信できるようになっていますので、不動産管理会社が積極的に賃貸経営をしていないという場合も、人気のある賃貸物件ではないという指標になるのです。

ツイッターでもそうですが、ツイートを見てもあまり関心されていない物件については、人気のある賃貸物件ではないと判断できるでしょう。

次に話題の施設がOPENするかどうかも重要となってきます。
このような物件は1件存在するだけでも意味がありますので、必ず確認しておくようにしましょう。
というのも、そのような話題の施設がOPENするだけで、活気が大きく違ってくるからです。
テーマパークのような大型施設だけでなく、109のような大型施設がOPENするという場合も、一気に建設ラッシュが見られるようになります。
このような状態になってしまうと、人気のある賃貸物件に安く入るのは難しくなるので、先にそのような情報をつかんでおくことも大事です。

閑静な住宅街も人気

前述では新しい施設のOPEN、もしくは人気のエリアについて案内しました。
ですが、これらの条件を一切満たしていない場合でも、人気のある賃貸物件と判断できるケースがあります。

閑静な住宅街が該当するのですが、閑静な住宅街が建ち並んでいる地域であれば人気のあるエリアと判断して良いでしょう。
最近では、結婚されてから新築を建てずに住宅街で賃貸物件に入る人も増えてきています。
つまり、適度な活気があるため人気のエリアとなっているのです。
閑静な住宅街の場合、最寄りに駅がある、もしくはバス停があり住宅の建設が盛んというだけで評価できます。